関西のWEB系アルバイトの日記
関西在住のweb関係のアルバイターの日記。コメント、トラックバック歓迎です。
プロフィール

tak

Author:tak
関西在住のWEB系アルバイター。
WEBシステム開発とか。
最近LINUXとか。




PR



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリー



最近の記事



月別アーカイブ



ランキング




fc2



相互リンク

相互リンク募集中です!



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画 『METAL a headbangers journey』
a headbanger’s journey
slipknot
alicecooper
最近、テアトル梅田のレイトショーで見てきました。
12才からず~とメタル好きという監督のサムダンがとったメタルに関するドキュメンタリー映画。

ブルースディキンソン

アリスクーパー

ヴィンスニール

トニーアイオミ

などの大御所から

スリップノット

ノルウェーブラックメタル

の危ない人達まで結構幅広く色んな人が出ててわりと楽しめました。
特に

ブラックメタル

悪魔崇拝

まわりの話とかが面白かった。
有名な

教会放火事件

の話から、メタル大好き人間でも当時

ベノム

が怖くてきけなかった話などなど。

メイヘム

(ギターが自殺したヴォーカルの頭蓋骨でネックレス作ってつけてたが、後に自分も殺された)とかはどうなのとw

映画自体は

ブラックメタル

には否定的で(あたりまえか)、他にもメタルの変遷やメタルと女性なんかのテーマもありなかなか良かったのではないかと。

意外と、全然メタル知らない人の方が楽しめるかも?

スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


映画 『ダンサーインザダーク』
dancer in the dark 監督・脚本 ラース・フォン・トリアー
主演・音楽 ビョーク

最近、DVDで見ました。
1960年代、チェコからアメリカにやってきたシングルマザーのお話。
なんていうかもう暗いです...
半分ミュージカル映画で、主人公のセルマ(ビョーク)が辛い状況におかれる度に、現実逃避を描くシーンとしてミュージカルが登場するんですけど、これが見ててとても痛々しい...

ミュージカル映画は好きでも嫌いでもないんですが、この映画のミュージカルの使い方は、割と良いと思います。

総合評価 7点(10点満点)

ビョークと言えば昔『世界まる見えテレビ』の映像でパパラッチに殺到されてる時に、その中の女性記者の一人につかみかかって、馬乗りになってるを見たことがあるんですけど、やっぱりかなり激しい性格なんでしょうか



あるかなと思ってyoutubeで探してみたらありました。
ホントなんでもありますねw
Bjork attacks reporter.

テーマ:私が観た映画&DVD - ジャンル:映画


映画 『タナカヒロシのすべて』
tanaka.jpg 前借りたときは、DVDが調子悪くみれなかったんですけど、最近借りなおしてやっと見れました。

加賀まりこ、伊武雅刀、高橋克実、ユンソナ、宮迫博之、市川実和子など、結構有名な人が出てました。
鳥肌とテレビで出てる人が絡んでるのを見るのは、なんか不思議な感じがします。

感想としては、鳥肌が社会になじめない主人公を演じるのをひたすら眺めるための映画って感じでした...w

でも、まあまあ面白かったです。

テーマ:邦画 - ジャンル:映画


映画 『ニュースの天才』(SHATTERED GLASS)
ニュースの天才 news
news
ニュースの天才
ニュースの天才
『SHATTERED GLASS』 アメリカ/2003
製作総指揮:トム・クルーズ
脚本・監督:ビリー・レイ
原案:バス・ビッシンジャー(ピュリッツァー賞受賞作家)

ピュリッツァー賞受賞作家のバス・ビッシンジャーが、1998年に『vanity fair』という雑誌に持ち込んだ記事が原案。

大統領専用機内に唯一設置されているという「THE NEW REPUBLIC」は、当時、米国内で最も権威ある政治雑誌と言われてたのですが、その「THE NEW REPUBLIC」の、人気若手記者であったスティーブン・グラスの記事捏造事件を映画化したお話です。

主人公のスティーブンは、『スターウォーズ』シリーズのアナキン・スカイウォーカー役のヘイデン・クリステンセンが演じています。

面白そうだなと前から思ってて、最近レンタルで出たので観てみました。

実話なので、ストーリーの大まかな展開はわかってしまってるいるので、なんかもっと盛り上げる工夫があってもよかったんではないかと思いました。
もう少し組織の中の人間関係を描いてもよかったと思うし、視点を編集長の目線でやってみるとか。

あと、製作総指揮トム・クルーズってなってるのに、ちょっとビックリ。
どのぐらい内容にかかわってるんだろう?

総合評価 5点(10点満点)

出演:
スティーブン(ヘイデン・クリステンセン):主人公
チャック(ピーター・サースガード):後任の編集長
アダム(スティーヴ・ザーン):スティーブンを疑う記者
マイケル(ハンク・アザリア):前編集長
ケイトリン(クロエ・セヴィニー):スティーブンの同僚
エミー(メラニー・リンスキー):スティーブンの同僚
アンディ・フォックス(ロザリオ・ドーソン):アダムの同僚

ネットで気軽にDVDレンタル [ぽすれん]
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

テーマ:DVD - ジャンル:映画


映画 『ショーシャンクの空に』
ショーシャンクの空に
shawshank 監督: フランク・ダラボン
原作: スティーヴン・キング 『刑務所のリタ・ヘイワース』

※以下ネタばれ注意

元銀行家で裕福な生活を送っていた主人公(アンディ)が、妻とその愛人の殺人容疑で終身刑の判決をうけてしまい、ショーシャンク刑務所での様々な出来事を経て、周囲の人間と友情を育んでいく 、というお話。
感動巨編って感じの映画です。

原作は、ホラーで有名なスティーヴン・キング。
この人、『スタンドバイミー』とか『グリーンマイル』とか、こういう非ホラーの作品でも有名なものが多いですね。

全体的によくできていて、おもしろい映画なので、感動系の人間ドラマとかが見たいって人にはオススメ。
ちょっと文句をつけるとすれば、最後の

トミー射殺→脱獄→レッドと再開

の流れがそれまでに比べて急すぎるような気がしました。
結構、長編なので最後の展開にもうちょっと時間を割いてもいいよかったと思います。
あと、個人的に看守のハドレーが、キャラが立っててちょっと好きです。
総合評価 6.5点(10点満点)

出演:
アンディ(ティム・ロビンス):元銀行家、主人公
レッド(モーガン・フリーマン):囚人、アンディの親友となる
ヘイウッド(ウィリアム・サドラー):囚人、ちょっと馬鹿
トミー(ギル・ベローズ):囚人、アンディの生徒になる
ブルックス(ジェームズ・ホイットモア): 囚人、おじいちゃん
ボッグス(マーク・ロルストン):囚人、ホモ
ウォーデン・ノートン(ボブ・ガントン):刑務所の所長
ハドレー(クランシー・ブラウン):刑務所の看守、怖い

ネットで気軽にDVDレンタル [ぽすれん]
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

テーマ:映画・ビデオ・DVD日記 - ジャンル:映画


映画 『SESSION9(セッション9)』
SESSION9(セッション9)

session9
監督:ブラッド・アンダーソン
脚本:ブラッド・アンダーソン 、スティーヴン・ジェヴェドン
出演:
ゴードン(ピーター・ミュラン):業者のリーダー
フィル(デヴィッド・カルーソ):業者のメンバー、ゴードンの相棒
マイク(スティーヴン・ジェヴェドン):業者のメンバー、インテリ
ハンク(ジョシュ・ルーカス):業者のメンバー、遊び人
ジェフ(ブレンダン・セクストン・サード):業者のメンバー、ゴードンの甥
グリッグス (ポール・ギルフォイル):工事の依頼主

昨日、セッション9っていう映画を見ました。
1984年に閉鎖された精神病棟が舞台で、この病院を再利用するために入ったアスベストの除去業者たちが登場人物です。
なんか、映画の演出や雰囲気自体は良くできていて、いいと思うのですが、最後の話のオチに伏線が全く絡まないのはどうかと思いました。
ロボトミー手術(攻撃性を示す患者の前頭葉の一部を切り取る手術。施術された患者は楽天的で空虚になり、なにごとにも意欲を示さなくなる。この手術法の創始者は、なんと1949年にノーベル賞を受賞している。)の話は、ちょっと面白かったです。
総合評価 5点(10点満点)

ネットで気軽にDVDレンタル [ぽすれん]
【TSUTAYA online】最新DVD&レンタル情報をチェック!

テーマ:今日のレンタルDVD/ビデオ - ジャンル:映画




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。